最近では、空いた時間を有効的に使いたいと、

副業を行う方が増えています。

そんな中で、自分の英語力を活かして、

英語の翻訳を在宅でやりたいという方が増えているのも現実です。

翻訳のお仕事というのは、仕事の時間や場所を選ぶわけではないので、

フリーランスとしてお仕事がやりやすく、

更にいえば、語学力のスキルにも繋がるので副業としては申し分ないということが言えます。

そういった人気の副業として在宅で翻訳の仕事をするためには、

どうすれば良いのかをまとめていきたいと思います。

求人サイトの登録

まず始めは、求人サイトに応募することです。

ただし、求人サイトをみると、

条件があり、翻訳経験〇〇年以上という壁にぶつかります。

会社内で顔が見える正社員であるのであれば、

社内教育ができるのですが、顔の見えない在宅の翻訳者に対しては、

どうしても依頼者が経験者を求めてしまうのは当然ですね。

正直に言うと未経験者が求人サイトを通じて副業翻訳を始めるのは、

すごく厳しい現実にぶつかります。

クラウド翻訳

次に紹介するのが、

クラウド翻訳サービスに登録する方法です。

クラウド翻訳サービスとは、オンライン上で翻訳の受注から納品までを完結させるのものです。

クラウド翻訳サービスは、登録時に必ず試験を課している、

gengoというサービスおいては、約2万人ほど登録者がいます。

その中一番稼いでいる方で年収450万円程あるそうですので、

副業とは言わずに本格的に仕事で出来る方はいるということが分かります。

しかし、クラウド翻訳サービスは、稼いでいる方で450万円で、

実は非常に報酬額が低いという難点はあります。

ですから、まずは、収入を気にせずに翻訳の仕事がしてみたいという方には

オススメすることができます。

次は、クラウドソーシングサイトに登録する方法です。

クラウドソーシングサービスもクラウド翻訳サイトの同じで、

オンライン上で翻訳の仕事の受注から納品まで完結させます。

現在では、ココナラ、クラウドワークス、ランサーズがすごく人気があります。

クラウド翻訳サービスと違う点が、クラウドソーシングサービスでは、

翻訳だけでなく、ライティングやシステム開発、イラストなど様々な分野が取引されています。

クラウドソーシングサービスでは、

依頼者と翻訳者が直接やり取りができるので、

翻訳料金などは自分で設定する事が可能です。

しかし、依頼者からその金額でOKが出てからの受注になるので、

金額設定は、ある程度の相場を知っておく必要があります。

クラウドソーシング内でも、やはり評価があり、

依頼者も評価を見るので、まずは金額の低いお仕事から沢山こなして評価を沢山得ることで、

自分自身にも自信がつき、段々と翻訳料金を上げていくことが出来るのではないでしょうか?

クラウド翻訳サービスよりも稼げる可能性は非常に高いということが言えますし、

実際に、現役翻訳者も多く登録しているので、仕事の競争率は高くなりますね。

翻訳未経験者の方であれば、現役翻訳者よりも6〜7割程度の金額で、

仕事を請け負って実績を積み、

高評価をえて、経験を積みながら稼げる自分を育てていきましょう。

経験豊富な翻訳家が高品質な訳文をご提供致します。

校閲サービスも行っております。

[料金]
日本語→英語:10円/1文字

(¥1,000〜)

英語→日本語:10円/1単語

(¥1,000〜)

経歴:
論文、広告、キャッチコピー、プレゼンなど様々な通訳の経験多数。

ココナラの語学・翻訳カテゴリー1位の実績あり。

詳しくはこちら