英語の翻訳家になりたいと思っていても、
どのように行動していけば良いのか分からない方が
多くいます。

そこで今回は、翻訳家になるための方法についてまとめていきたいと思います。
英語の翻訳家になるためには、
英語と日本語の能力が必須になります。
翻訳家は、英語を日本語に訳したり、日本語を英語に訳したりします。
当然ながらに英語の能力は必須です。
今の時代では、インターネットで翻訳できるページがあるので、
そんなに難しく考えなくてもできるなんて思っている方もいると思いますが、
英語を良く理解して適切な日本語に置き換える能力、
更には、日本語を適切な英語に置き換える能力というのは、
インターネットの翻訳機能にはありません。
また、翻訳家には意外ですが日本語の能力が高くないといけません。
正しい日本語が書ける、また日本語で適切に物事を表現できる能力がなければ、
翻訳のお仕事は本当に難しいと思います。
逆、英語と日本語両方の表現能力をもった人には、翻訳家のお仕事は、
充分にやりがいをもってできるお仕事ではないでしょうか。

英語翻訳家に求められるもの

では、いざ翻訳家になった場合、翻訳家に求められるのはどんなことでしょうか?
ビジネス翻訳であれば、その分野の知識が豊富な人にお仕事は回ってきます。
実務翻訳では、契約書、マニュアル、WEBサイトの文章の作成などがあります。
分野で考えるのであれば、ITならIT,特許や金融、工業技術など、
自分の得意な分野を持つ事は翻訳家に求められることの一つなのです。
しかし、得意な分野を持てたとしても、常に情報は更新されていくものです。
ですので、翻訳をしていく上で、新しい情報をリサーチしていく能力新しい情報を
どのように翻訳するのかという能力も翻訳家には求められてきます。

常に学び続ける事が大切でそれは、出版翻訳や映像翻訳も同じであるということができます。
英語翻訳家を目指す場合、英語の能力の次に必要なのが仕事を得る能力です。

英語翻訳家の業務体系

実務翻訳の場合であれば、社内翻訳家として雇われる道もあるのですが、
大半の人は、フリーとして在宅勤務で仕事を行っているケースが非常に多いです。
実務翻訳の場合仕事を取るには、翻訳会社のトライアルに応募することからがスタートです。
出版翻訳や映像翻訳になると本当に人脈が必要になってきますし、
特に映像翻訳では映画の日本語版製作会社などの門を叩き、経験を積む必要があります。
しかし、出版翻訳や映像出版は実務翻訳とは違い、運にも左右され安く、
非常に狭き門ではないかと思います。
とにかく、翻訳家の方々とまずはしっかりと繋がる事もすごく大切ですので、
お付き合いはしっかりとやっていきましょう。

経験豊富な翻訳家が高品質な訳文をご提供致します。

校閲サービスも行っております。

[料金]
日本語→英語:10円/1文字

(¥1,000〜)

英語→日本語:10円/1単語

(¥1,000〜)

経歴:
論文、広告、キャッチコピー、プレゼンなど様々な通訳の経験多数。

ココナラの語学・翻訳カテゴリー1位の実績あり。

詳しくはこちら