これから英語翻訳家を目指す方でどこでどのように勉強していけば良いのか

分からない方々へ今回は、まずはどんな学校に行けば良いのかをご紹介していきたいと思います。

英語翻訳家には、大学の英文科出身の方や外国語の大学に出ている方が多くいます。

しかし、卒業すれば必ず翻訳家になれると言うわけではありません。

かといって、卒業資格が必須というわけでなく、語学については専門的に学んでおくことはすごく重要な事になってきます。

また、出版社が翻訳家に仕事を依頼する際に、学歴を気にされる方もいるようで、

いえば、有名大学を卒業していれば後々のメリットはあるのはありそうですね。

翻訳家に資格は

では、英語翻訳家を目指す方で資格はどうなのかということもすごく心配になると思います。

英語翻訳科として働く際に、特には必須の資格はありません。

しかし、英語翻訳家として働くには、英検1級、TOEC900点台の語学力が必要とされています。

また、社団法人日本翻訳協会は種子している、

翻訳専門職資格試験という試験があるのですが、

この試験に合格していると就職や仕事にすごく有利に働きますので、

是非、翻訳専門職資格試験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

翻訳スクールや専門学校

それでは、翻訳スクールや専門学校についてみていきましょう。

実は、この翻訳者用のスクールに関しては、専門学校というだけあって、

ツテなどもあり、直接的な仕事に通じる機会もあります。

更に、翻訳会社が経営したり、出資しているケースもあり、

母体となる会社に就職したり登録したり、優秀者には卒業後に進路が用意されることもあります。

また、翻訳業界と関わっている会社ですので、様々な仕事の話や大学や出版業界の人とつながりがあって、

翻訳を目指す仲間もいるので同じ志でモチベーションも高くなるのは間違いないでしょう。

翻訳家との人脈ができたりと役に立つ情報は入手できるのも確かなのです。

コネが大事!?

しっかりと人脈を作っておくことはその後の翻訳家としての人生を大きく変えるものになります。

翻訳はいわゆる翻訳家のみが行うものではありません。

学者や一般人でもやっています。

そういった分野でなぜ働けるのかといえば、

そういった分野い関してすごく詳しいとされていて、

専門家として思われてたりする中で、ツテで頼まれたり人を通じて仕事が回ってくるということもあるのです。

簡単にいうと、しっかりと人脈を持っていることによって、

他の翻訳をしている先生から仕事がまわってきたりするものです。

大切な事は、将来の仕事に繋がってくる種まきをしっかりとしておくことで、

翻訳家として活躍するチャンスが必ず増えてくるということです。

経験豊富な翻訳家が高品質な訳文をご提供致します。

校閲サービスも行っております。

[料金]
日本語→英語:10円/1文字

(¥1,000〜)

英語→日本語:10円/1単語

(¥1,000〜)

経歴:
論文、広告、キャッチコピー、プレゼンなど様々な通訳の経験多数。

ココナラの語学・翻訳カテゴリー1位の実績あり。

詳しくはこちら