翻訳依頼をする際に、ネイティブチェックをしてもらえるか?が重要だと考える人は、多いでしょう。

大きなビジネスチャンスに繋がる仕事の翻訳なら、間違いなくネイティブチェックは、重要になってきます。今回は、高品質なネイティブチェックを依頼する為に、注意すべきポイントを幾つか紹介していきます。

文章タイプ別

マニュアル的な内容からいきますと、論文・仕様書・ビジネス文書などですが、アニメ・映画の字幕など、翻訳してほしい文章タイプは、様々です。

普段は、ビジネス文書を担当して翻訳していたのに、次から映像・放送翻訳をしても、正しい語感が使えていなかったりしてしまいます。翻訳会社毎に得意分野がありますので、依頼をする前に必ず確認しましょう。

経験者に依頼

ネイティブチェックは、文章構成能力・文章作成能力が必要な作業です。様々な分野の翻訳の依頼がありますので、ネイティブの知識量が要求されて来ます。

ネイティブチェックは、普通の翻訳に比べて、かなり高度な内容になってきます。ネイティブチェックしてもらったから安心というのは間違えていて、経験豊富なチェッカーから翻訳してもらわないと、余計に読みにくくなった。という事例があります。金額だけで考えず、実績のある経験豊富な方からのネイティブチェックをしてもらう様にして下さい。

納期日

1日も早く納品してもらいたから、なるべく早く納品してもらえる翻訳会社を探している方、要注意です。

早ければ良いというわけでは無いです。(納期が早い)=(ミスが多い)と考えていた方が良いです。

ネイティブチェックが入っていて納期が早い流れ(翻訳・ネイティブチェック・納品の流れ)でも、この内容ではチェック漏れが十分有り得ます。

安心出来る流れは、翻訳・ネイティブチェック・専門分野の方のチェック・構成と校閲・修正・納品です。覚えておいて、依頼する会社の納期までの流れと比較してみて下さい。あまりに抜けが多い会社は、スルーしましょう。

まとめ

ネイティブチェッカーが居るとは言え、会社毎に得意分野が違うので、確認して下さい。

依頼する内容を得意とするネイティブチェックをしてもらえる会社や個人翻訳家に依頼する事をオススメします。

高品質なネイティブチェックを依頼するために注意すべきポイントを幾つか挙げてみたので、参考にして依頼して下さい。

 

 

経験豊富な翻訳家が高品質な訳文をご提供致します。

校閲サービスも行っております。

[料金]
日本語→英語:10円/1文字

(¥1,000〜)

英語→日本語:10円/1単語

(¥1,000〜)

経歴:
論文、広告、キャッチコピー、プレゼンなど様々な通訳の経験多数。

ココナラの語学・翻訳カテゴリー1位の実績あり。

詳しくはこちら