英語翻訳を依頼しているので、きちんと自分の納得のいく結果にならないと、困ります。

翻訳依頼するに当たって、確実に納品日までに、クオリティの高い記事を納品してくれる会社?かどうかは、心配になります。

心配ごとを無くしてから依頼する為のポイントをいくつか紹介していきます。

修正について確認する

翻訳してくれた記事を見て、もし納得出来ない記事だった場合に修正をしてくれます。

この修正が、「いつまでに」・「何回まで」修正してくれるのか?を事前に確かめた方が良いです。

納品後に納得いかず直ぐに修正依頼して直してもらったが、まだ納得出来ない。

会社に修正依頼を再度したら、1回までしか受け付けていない事が判明したケースは、結構多いです。

事前に確認した後で依頼をしないと、泣き寝入りになる事があるので、注意しましょう。

納期日を確認する

いつまでに英語翻訳しなきゃいけないので、翻訳会社に納期日を確認して依頼をするところまでは良いです。

問題は、きちんと納期日までに翻訳してくれるかどうかです。

翻訳会社は依頼をたくさん受けているので、依頼を受けた順に作業を進めていきます。

1日2日納期日がずれることもあり得ます。急ぎの場合には作業を進めていきます。

1日2日納期日がずれることもあり得ます。急ぎの場合には、納期日を確実に伝えましょう。

他社と比較する事

会社によって英語翻訳の依頼の金額が異なってきます。依頼してみないと、内容と金額が合っているかどうか?は、ハッキリ言って分かりません。

中には、クオリティが低いのに対して料金が高い会社なども、実際に多いです。

そんな時にオススメしたいのが、「テスト翻訳」です。

何社かテスト翻訳を依頼してみて比較してみると、どこがクオリティと金額が一致しているのか?が分かってきます。

まとめ

英語翻訳をする会社は、沢山あります。

その中で、どの会社に依頼するかを決める際には、時間を掛けて他社と比較して探す様にしましょう。

この手間を省くと後悔する結果になりますので、必ず行ってください。

是非参考にしてみて下さい。

それでは今回はこの辺で。

 

 

経験豊富な翻訳家が高品質な訳文をご提供致します。

校閲サービスも行っております。

[料金]
日本語→英語:10円/1文字

(¥1,000〜)

英語→日本語:10円/1単語

(¥1,000〜)

経歴:
論文、広告、キャッチコピー、プレゼンなど様々な通訳の経験多数。

ココナラの語学・翻訳カテゴリー1位の実績あり。

詳しくはこちら