今回の記事は翻訳者を目指す方々におすすめの著書を

ご紹介させて頂きたいと思います。

翻訳者を目指す方は、すごく気になると思いますが、

翻訳者の著書は非常に多く出版されているので

どの著書を読んだらよいのか迷いますよね。

そこで、フリーの翻訳家がオススメする本を紹介して行きたいと思います。

 

すごく文章が分かりやすくて、実務や出版、映像と各分野で分けられており、すごく読みやすい著書です。

また翻訳とはどんな仕事であり、これから翻訳者に求められることは何なのか、更に、翻訳者の未来はあるのか?

がしっかりとまとめられており、

翻訳者をこれから目指す方や初心者の方には必ず読んでいただきたい

おすすめの著書です。

 

特にこれから翻訳者を目指そうとしている方々におすすめの著書です。

人気作家である村上春樹さんが翻訳をするのか、について、村上春樹さんの翻訳に対する思い入れがすごく伝わってくる内容になっています。

特に英語に興味のある方には読む価値のある著書です。

また仕事で翻訳の仕事を始めた方にもすごく参考になる内容ですので、

もっともっと翻訳の世界が楽しくなるおすすめの著書です。

 

太田直子さんの著書です。

この著書は太田直子さんが通訳翻訳ジャーナルで連載していたエッセーをまとめた著書になります。

太田直子さんのエッセーは独特的な語り口の世界で有名で、

読み始めると一気に引き込まれてしまうようなすごい世界を持っています。

字幕の厳しいルールの中で字幕翻訳家としての苦労などもかかれている、

こちらもすごく貴重な一冊になります。

 

著者である柴田耕太郎さんは映像翻訳に深い様で、

字幕制作の歴史や翻訳者さんとの対談などがすごくリアルに書かれている一冊になります。

翻訳業界の市場分析や翻訳者さんのドキュメント、訓練法や出版、映像、産業の分野別の攻略法、

翻訳ビジネスのこれからについて書かれているすごく引き込まれてしまうような内容になっています。

翻訳家を目指す方や翻訳家になった方々には是非読んで頂きたい一冊になります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

是非参考にしてみて下さい。

それでは今回はこの辺で。

 

経験豊富な翻訳家が高品質な訳文をご提供致します。

校閲サービスも行っております。

[料金]
日本語→英語:10円/1文字

(¥1,000〜)

英語→日本語:10円/1単語

(¥1,000〜)

経歴:
論文、広告、キャッチコピー、プレゼンなど様々な通訳の経験多数。

ココナラの語学・翻訳カテゴリー1位の実績あり。

詳しくはこちら