今回の記事は「アクティブリーディング」というアイデアを使って、もっと読むのが楽しくなる、もっともっと英語を読みたくなる、そんなお話をしてみたいと思います。

 

アクティブリーディングとは

アクティブリーディングとは、直訳すると能動的に読むことです。

しっかりとした基礎を第一のポリシーに、耳、口、手、頭、そして顔の表情さえも総動員して、「意味のある音読練習」を中心に英語を勉強するということです。

1◆五感を使って英語を英語のまま読んでみよう

五感は言葉を超えます。「英語を読む」その際に大事な考えは英語を英語のまま理解する意識を持って読むということなんです。

とても難しく感じるかもしれませんがThank you.と言われた時に「あなたに感謝します」と日本語を介して理解しているわけではないことを考えると、アイデア次第で英語は英語のまま理解できる、ということはわかってもらえると思います。

もう一つ、大事なことは五感を使って捉えにいく、という考え方。

アクティブに読む姿勢をいつも忘れないようにすることも大事です。

 

2◆アウトプットを意識したインプットというアイデア

使うことを意識せずに、収納した棚から物を取り出すことが困難なように、アウトプットを意識せずに行うインプットはなかなか体に馴染まず、記憶にも残りにくいものです。

英語でも工夫する、面白くする、ということをspice upと言ったりしますが少しのスパイスを加えてあげることが大事です。

「この文章を使えるか」「この素敵な英語をいつか使ってみたい」と、常に自分の英語として使うイメージを持って英語を読むようにしてみましょう。

 

経験豊富な翻訳家が高品質な訳文をご提供致します。

校閲サービスも行っております。

[料金]
日本語→英語:10円/1文字

(¥1,000〜)

英語→日本語:10円/1単語

(¥1,000〜)

経歴:
論文、広告、キャッチコピー、プレゼンなど様々な通訳の経験多数。

ココナラの語学・翻訳カテゴリー1位の実績あり。

詳しくはこちら