芸能人でも最近は英語が得意な人が増えてきて、海外で活躍されている方も多いですよね!

海外で流暢な英語でインタビューを受けるシーンを見ることもあります。

そんな英語が得意な歌手をまとめてみました。

RADWINPSのボーカルの野田洋次郎

RADWINPSのボーカルの野田洋次郎さんは、歌の中で、英語の発音が非常にうまい!と評判です。

野田洋次郎さんは、知らない人もいるかもしれませんが、6歳から小学校4年生迄アメリカのテネシー州に父親の仕事の関係で住んでいました。まさに帰国子女なんです。その為、英語が堪能と言われています。

しかし、2012年のスクールオブロックのラジオでは、「英語は話せない」と自分で話をしてました。

だけど、2017年には、「君の名は」の英語バージョンを書きました。英語が完全に出来ないって訳では無いです。この英語バージョンの内容も好評です。

MAN WITH A MISSION ジャンケン・ジョニー

ギター担当でボーカルやラップ、作詞作曲も担当するJean-Ken Johnny(ジャンケン・ジョニー)はメンバー唯一人間の言語を操り、日本語と英語がしゃべれます。

英語が堪能で、海外のアーティストやメディアと通訳なしでコミュニケーションを取っています。

実は、このバンド、日本だけじゃなく海外でも評価されているんです。2013年にヨーロッパ、2014年には北米でツアーを成功させアメリカでメジャーデビューを行っています。このことからわかるように、彼らの英語力は本場でも通じるもので、人々に何かを伝えることができるものだというのがわかります。

BABYMETALのボーカルSU-METAL

BABYMETALのボーカルSU-METALですが、その英語力にも今、注目が集まっています。インタビューやメッセージの発信といった本当の意味でのコミュニケーションツールとして英語を話しています。そのインタビュー動画とかが流れたら多くの反響が寄せられ、みなさん感動に近い感想を寄せられています。質問内容をとっさに理解して、返答できるところまできているようです。

SEKAI NO OWARI 深瀬慧

深瀬慧さんは、高校の時にたった一年間ではありますが、日本にあるアメリカンスクールに通学していました。ファンの間では常識だそうで、さらには実際にアメリカ留学もしています。

アメリカンスクールに通学していたり、アメリカに入学していた経験があるため、英語が堪能という意見です。

浜崎あゆみ

浜崎あゆみさんと言えば、長瀬智也さんとの破局後は、狂ったかの様に外国の方とスピード結婚したかと思えば、スピード離婚してます。ライブでも必ずと言っていい程涙を流していましたので、とても心配でした。

外国人の方と交際・結婚していたのであれば、言葉の壁は無かったのでしょうか?

英語でのインタビュー動画を見ましたが、なかなかのレベルでした。

 

いかがだったでしょうか?

英語を流暢に話すには、とにかく練習しなければ上手くなりません。プロに英語を教わって効率よく、学びませんか?

英会話レッスン濃密度業界No.1の、たった2日間で「喋れる」を約束する「イングリッシュブートキャンプ」は、徹底した英語漬け環境と洗練されたプログラムを提供する極短期の英会話国内留学です。

大手総合商社と共同開発したプログラムは企業研修としても幅広く活用されている他、消費者向けのプログラムも人気です。

2日間で喋れるを約束

他の短期集中英語プログラムは3ヶ月程度が通常ですが、本プログラムは「2日間で喋れるを約束」と銘打ち2日間、約20時間英語漬けで、短期海外留学でも得られない圧倒的成果を保証しています。雑誌などでも多数紹介されており、2018年5月16日放送の日本テレビ「1周回って知らない話」に出演も果たしました。「1周回って知らない話」では、週末20時間で英語が急成長したゲストにスタジオ全員が驚愕しました。

2日間と極短期に加え、採用率わずか3%で徹底的にトレーニングされた最強のネイティブ講師陣が全力サポートしてくれます。

英語のレベル別に受講が可能

TOEIC300~900まで、どのレベルの方でも受講できる徹底的なサポートがあります(初日の簡易な英語テストによりグループ分けされるので、同レベルの受講生と一緒にワークすることが可能です)。そして、英語漬けになれるよう、会場の雰囲気から食事、コーヒー、ミネラルウォーターの用意等、最高の学習環境を提供してくれます。

他スクールでは学べないオリジナルのメソッドで、英語を話す心理的障壁を破壊し、瞬間発話のコツを得るための特殊な訓練を行い、異文化コミュニケーションのコツを身につけることができます。

どんな方が参加しているのか?

20代後半~50代の方が受講されています。中でも30代、40代が最も多い年代です。性別は男性5、女性5の比率で、地域は関東圏内中心となっています。

主な参加理由としては、仕事で急な海外出張などを控えている方や、転職や異動など職場環境が変わり英語の必要性が出てきた方、色々な英語プログラムを試したがいまひとつ英会話に自信を持てない方、英会話だけでなく、そもそもコミュニケーションに課題意識を持っている方、英会話をどこから始めていいかわからない方など様々です。