子供の将来を考えた時に、英語ができた方がいいと思いませんか?

多くの親は子供には英語ができた方がいいと考えています。
さて、この記事では「英語子育て」の効果的な方法について解説していきたいと思います。

と、その前にまず英語を子供に習得させる為に、まず親が出来ることについてお話ししたいと思います。

ほとんどの方が「親はどのぐらい英語を使うべきか?」ということに悩んでいるようです。
皆さんの中には
英語が堪能な方もいらっしゃるかもしれませんが、たいていの方はそれほど自由に英語を使いこなせない、というのが実情だと思います。
そして、
「そんな自分が子どもに英語を与えようとするのだから、ネイティブの音声が録音された高額セット教材を買うべきだろうか?
ネイティブの先生がいる英語教室に子どもを通わせるべきだろうか?」
などと悩んでしまうかもしれません。

その気持ち、よくわかります。

高額セット教材を購入することや英語教室に通わせることも実際には効果的だと思います。
高額なお金を払い続けて、子供の環境を英語だらけにすれば、子供は将来あなたの希望通り英語をしゃべれるようになるでしょう。

でもそんなことより大切なことがあります。
では、何が一番大切なのでしょうか?

それは、「毎日、少しでもいいから、英語に触れさせる」ことです。
そのためにも、ほんの少しでいいので、親が英語を使ったほうがいいと私は思っています。

決して難しいことではないはずです。

たとえば、「歯磨きしようね」と“Brush your teeth!”(ブラシュ ユァ ティース)といいながら歯ブラシを渡したり、「お顔を拭こうね」と“Wipe your face!”(ワィプ ユァ フェイス)といいながらタオルを渡す。

こんな簡単なことでいいのです。

「英語での語りかけ」を実践していれば、お子さんは毎日の決まった場面での英語表現をムリなく覚えることができますし、毎日英語に触れることができます。

そして、実際に英語がコミュニケーションの手段だということを、お子さんに体得してもらうこともできます。

最初は恥ずかしいかもしれませんが、ぜひ実践してください。

多少間違っていても、家族しか聞いていませんのでご安心を!

これはお子さんのためだけでなく、親であるあなたの英語力アップにも「確実に」つながります。

 

子供に英語で語りかけるには前もって準備を

「英語での語りかけが効果があるということはわかったけれど、実際に自分にできるかどうか不安」

なかには、こう思われた方もいらっしゃるかもしれません。

そんな場合は、まずはご自身がわかる範囲で語りかけを始めることをお勧めします。

もし自分の言いたいことが英語で何といえばいいのかわからないときは、最近では日常生活で子どもに語りかける場合の表現集がたくさん出版されているので、それを参考にしてみましょう。

たとえば、以下にあげる本などがお勧めです。

英語で語りかけるにはやっぱりきれいな発音を・・・

お子さんに英語で話しかけるにあたって、「自分の発音が気になる」という方もいらっしゃると思います。

正直な話、中途半端な英語より、ネイティブが発した英語の方が英語教育にはいいです。

お子さんの為に英語の発音を矯正しませんか?

GO-NATIVEは、子どもを持つお母さんに特化した英語教室です。

滋賀県草津、栗東で英会話を習いたいなら、go-nativeへどうぞ。
経験豊富な講師が丁寧親切に教えます。
時間なども融通が利くので、忙しいサラリーマンや主婦の方にオススメです。
開催場所は草津、栗東近辺のカフェなどを利用します。

料金はなんとワンレッスン60分3000円ポッキリです。

詳しくはこちらのページへ