在宅で英語のナレーションをしたいけれど、大通りに面してて雑音がどうしても入ってしまうとお悩みの方にオススメのものを見つけたので紹介します。

在宅で英語のナレーションを録音する際になるべくクリアな音を録音したいですよね!?雑音をシャットアウトできる簡易防音室がアマゾンに売られているって知ってましたか?

これが、簡易防音室だんぼっち。

サイズ:W80×D110×H164(cm)

内寸:W74×D104×H148(cm)

これはダンボール製のお手軽な防音室です。たかがダンボールと軽視されがちですが、約30dBの減衰性能があります。

防音の秘密はハニカム構造で蜂の巣のような構造になっています。

だんぼっちは、部屋に置いても邪魔にならず、だんぼっち内に入っても窮屈にならない丁度良い大きさでおススメです。

工具を使わずに簡単に組み立てが可能なので、使わないときは分解してお片づけできるので嵩張ることはありません。

問題点は、お値段はやや高めの65000円。また、夏場は完全に閉めて、ただじっとしていても汗をかいてしまうので、水分は必須です。

これだけではまだ、防音としては不十分なので、別売りの防音材を内壁に貼る改造が必要です。

よりしっかりしたものが欲しいならば、こちらをオススメします。

簡易防音室・吸音室 ライトルームプラス Sサイズ

こちらは、お値段が10万円を超えてしまいます。また、こちらは隙間から音が漏れるので、別途防音テープを貼る必要があるようです。

いかがだったでしょうか?ナレーションの仕事を家で行っている方はぜひチェックしてみてください。

交通機関、商業、観光施設、DVDをはじめ、ネイティヴナレーターがクリアな音質でナレーション致します。

内容はどんなものでも構いません。
英語の勉強に、または商品PR動画の演出に、なんでもOK。

特に訛りなどない女性の声です。

詳しくはこちら