日本語から英語に翻訳してもらう翻訳会社の料金って、気になりますよね?

数多くある翻訳料金の料金は、会社によって異なってきますので、お試し翻訳や無料見積書を出してもらって、1番安い場所で翻訳してもらうと良いでしょう。

幾つかの会社の内容を安い順に比較してみました。

1文字あたり5円

・Gengo

・高電社

お客様満足度が97.6%のGengoは、他社に負けない価格設定!と謳っているだけに、1文字あたり5円と安いです。対応言語が65言語あり、納品スピードは、短時間と早いです。

有名な翻訳ソフトを出している事でも有名ですし、大手ポータル・ECサイトなどに採用されている高電社は、 対応言語が67言語あります。

どちらも、有名なブランドな上に、1文字あたり5円と激安なので、ここに決まりでしょう!

1文字あたり5.5円

・Spring Hill

お客様に満足頂けるサービスを提供していて、安心宣言をしているSpring Hillは、全てネイティブ翻訳者が対応してくれて、低価格・迅速な対応・高品質を約束しているので、不安心が無く、安心して利用出来ます。

対応言語が30カ国語以上あり、納品スピードも早いです。

1文字あたり9円

・アミット

世界42カ国で、対応言語が39言語あります。

多言語翻訳を得意とするアミットですが、実績数が豊富にある事から、高い評価を出されています。頼むなら、高評価の場所が良いですね。

1文字あたり11円

・クロスインデックス

ビジネスを成功させる為のノウハウが豊富なクロスインデックスは、世界141カ国で、対応言語が340言語以上あります!340言語はかなり多いので、クロスインデックスの大きな魅力になります。

納品スピードも早いです。

1文字あたり12円

・国際事務センター

高品質の追求・迅速な対応が特徴であり、豊富な実績を強みにもつ国際事務センターは、かなり口コミが良いです!口コミの評価は、かなり大事ですので、見た方が良いです!

対応言語が50カ国語以上ありまして、納品スピードは、2.500文字迄で1日なので、早いです。

まとめ

会社によって内容全てが、全く違うのが分かりますよね?

色々と調べてみると、ここなら安心して翻訳を頼める!といった場所と、価格も高い・実績も少ない・言語数も少ないとなると、対象外になりますよね?対象外にらなるかどうかも、比較して初めて分かる事なので、比較は必須になります!

事前に色々と調べないと分からない事がありますので、必ず調べましょう!

経験豊富な翻訳家が高品質な訳文をご提供致します。

校閲サービスも行っております。

[料金]
日本語→英語:10円/1文字

(¥1,000〜)

英語→日本語:10円/1単語

(¥1,000〜)

経歴:
論文、広告、キャッチコピー、プレゼンなど様々な通訳の経験多数。

ココナラの語学・翻訳カテゴリー1位の実績あり。

詳しくはこちら