この記事は得意な英語を活かして、お金を稼ぎたい、副業をしたい、在宅ワークをしたいという方に向けた記事になります。

最近では、大手企業も副業を解禁しており将来世の中は副業に対してより寛容になっていきます。10年後副業をすることが当たり前の世の中になっているかもしれません。

あなたがさて今から副業をするとなったら何をしますか?得意なことで稼ぐことが最もお金を稼ぎやすいです。

もし、あなたが英語が得意ならばこの記事はきっと役に立つでしょう。(英語が得意でなくても役に立ちますけどね^_^)

一言に英語を使って稼ぐといっても様々な方法があります。

翻訳、英会話講師、ナレーションなどがありますが、それぞれに適した稼ぎ方、集客方法があります。

稼ぎ方の説明をする前に自己紹介させてください。

私は今年30歳になるタカと申します。

【経歴】

26歳の時に、アメリカ人の嫁と国際結婚。

東証一部の企業に勤めながらも将来に不安を感じ、今から一年前に副業を始める。

ポイントサイトや当時人気だったメルカリ転売にも手を出すがほとんど売れず、

そんな時、ココナラというサイトの存在を知る。最初はココナラでも稼げなかったが、サイトにアメリカ人の嫁の写真を載せて、ネイティブということをアピールした途端、嫁宛に英語のナレーションや翻訳依頼がそこそこ入るようになる。

それと同時期に嫁に負けじとアフェリエイトに挑戦。

ファッションブログを立ち上げてわずか3ヶ月で2000PV/日を獲得、ブログランキング1位獲得^_^

しかし、飽き性の私はブログを更新し続けることに限界を感じ、サイト放置∑(゚Д゚)以前より興味があったweb集客やSEOに関する勉強を始め、その知識を活かしたサービス提供を行っている。

現在は、嫁が家で育児をしながら翻訳、英会話講師、ナレーション業務を担当。

私が、アフェリエイトで培ったノウハウを活かしてweb集客、ホームページのメンテ、妻のマネージメントを担当。

以上が経歴になります。

経歴を読んで貰ったらわかる通り、筆者の私はあまり何もしていません。英語に関する業務はアメリカ人の嫁に任せています。ただ、翻訳、ナレーションしてほしいという希望者や英会話の生徒さんをインターネットを介して集めることに関しては、自信があります^_^

前置きが長くなってしまいましたが、上記の経験を通して英語で稼いできた具体的な方法を開示します。

クラウドソーシングサイト(ココナラ)を活用する

クラウドソーシングは、ネットで不特定の人に、コンテンツやサービスを依頼することです。

分かりやすく言い換えれば、「このサービスを提供できる人やって下さい。」と募集する方法のことです。

ココナラは、「得意(経験・知識・スキル)」なことをインターネットで売り買いできる、モノを売らないフリーマーケットのようなアプリです。誰でも出品できるのでハードルが低いです。

我々はココナラで、翻訳、ナレーション、英語の校正などをサービス提供しています。

ちなみに一年間で50万円程稼ぐことができました。

ココナラで買ってもらうコツは、プロフィールの充実、サービス内容の充実、顔写真を載っけて安心させることです。

ジモティーを利用する

ジモティーは アルバイトの募集やお知らせができるアプリです。

このアプリは無料で使うことができるので英語を教えてお金を稼ぎたい方にオススメです。

キーワードや市の名前で検索されれば、お客さんになってもらえるかも知れません。今の、生徒さんはジモティーを通じてお問い合わせいただきました。

SNSを使って集客する

ここ数年、SNSの利用者数が増大しておりビジネス用の集客ツールとしてなくてはならないものになっています。

Facebook、Twitter、インスタグラムなどから募集をかけることである程度の集客が見込まれます。ちなみにココナラのサービスの告知はFacebook、Twitterと連動してフォロワーさんにお知らせすることができます。

あなたがこれから英語でお金を稼ごうとするにあたってきっと役に立つでしょう。

ただし、我々に限った話ですがSNSを集客ツールに使っていません。それはなぜか?それは、ホームページ閲覧者数>> SNS経由のお客さんの数だからです。こな少数の数のために記事を書いていたら、時間がなさすぎるからです∑(゚Д゚)

ホームページのブログを更新し、 SNSの記事も書くなんてサラリーマンの私には無理だ。

アメブロを使って集客する

たまにアメーバブログで英会話の生徒を募集するような記事を目にします。しかし、あなたが英会話で生徒を集いたい場合、アメブロを使うことはおススメしません。理由は2つあります。

・アメブロは商業利用禁止のため、記事が運営に削除されても文句が言えない。

・アメブロは性質上、アメブロ利用者内で見てもらいやすいというメリットがあります。しかし、グーグルなどの検索エンジンに対して上位に表示されにくいという特性があります。そのため、自身でホームページを立ち上げて集客した方が集客効果があるのです。

自身のホームページを立ち上げて集客する

先程説明した通り、アメブロを利用するよりホームページを立ち上げた方が効率よく集客できます。

そして、アメブロにできなくてホームページ開設して出来ること-それがアフェリエイト(グーグルアドセンス)です。

よくホームページの片隅に広告がついてるあれです。広告がクリックされるたびお金が入ります。

そういう理由があるがゆえに、我々のビジネスもホームページから集客することがメインです。ただし、この方法にはデメリットがあります。

・サーバー管理費、ドメイン料などお金がかかる。(年間8000円程度←これについてはアフェリエイトで稼いだ費用でペイ出来ます。)

・サーバーを借りて、ホームページを作ることが初心者にはハードルが高い(ネットや本で情報収集すれば素人でも出来るレベル)

・ブログの更新がめんどくさいが、ブログの更新をしなければ、検索エンジンでキーワード検索した時に上位に表示されず、ホームページを見てもらえない。

・サイトの構造やブログの内容に対しての知見がないと、検索で上位に表示されない。

パッと見た感じ、デメリットが多い感じるかも知れませんが、私はこの方法で集客し、翻訳なり、英会話講師として稼ぐことをオススメします。なぜなら、効果が高く、コストが安いから(そのかわり手間がかかる)。また、クラウドソーシングでは金額を比較されやすいが、ホームページであれば比較されにくい。

まとめ

これから英語で稼ぐには、クラウドソーシングサイトやアプリから始める事をオススメします。そして、より稼ぎたいと思ったタイミングでホームページを開設するのが良いと思います。

みなさんもよかったら英語で稼いでみてください。