今回は翻訳証明書について説明します。

国際結婚やビザの書類で、翻訳証明書が必要といわれるかと思います。

耳馴染みのない言葉で、困ってしまいますよね?

難しい言葉や難しい書類の名前では無く、誰でも知っている書類で説明します。

翻訳証明書とは、住民票・出生届・戸籍謄本などの書類を大使館や官公庁に提出する際に、日本語から英語に・英語から日本語に翻訳したプロの方が、「翻訳しました」と宣言文を一筆書いて、署名捺印したものになります。

会社の申請者が英訳した場合の宣誓文を作成する時は、会社のレターヘッドの左上に日付、中央にタイトル、右下に署名欄を入れていきます。

翻訳証明書には、会社の社印・翻訳した人の署名・翻訳会社の名前・住所・連絡先、会社のレターヘッド用紙に印刷されているか?を確認して下さい。

発行を依頼している提出先の用件を事前に確認しておくと、後で不足した書類があった!などの失敗を防げます。

翻訳証明書を発行してもらうに当たり、ほとんどはお金が発生しますが、無料で発行してくれる場所もありますので、事前に確認をした方が、良いです。

外国に提出する書類に、英語を翻訳したりする場合は、注意点があります。
翻訳会社の翻訳証明が必要か?文書の現物や翻訳に対して、証明や認証が必要か?アポスティーユ・領事認証は必要か?を確認してください。

外国で会社経営をする・外国の会社に就職するなどの際にも翻訳証明書を提出する事になります。何処の学校を卒業したのか?どんか免許や資格を持っているのか?の証明にもなります。

初めて翻訳証明書を発行する際には、分からない事だらけだと思いますが、金額も発行元によって異なってきますので、色々とインターネットを利用して調べる事をお勧めします。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
少しでもイイねと思ったら、以下のバナーをポチッと・・・お願いします。

経験豊富な翻訳家が高品質な訳文をご提供致します。

校閲サービスも行っております。

[料金]
日本語→英語:10円/1文字

(¥1,000〜)

英語→日本語:10円/1単語

(¥1,000〜)

経歴:
論文、広告、キャッチコピー、プレゼンなど様々な通訳の経験多数。

ココナラの語学・翻訳カテゴリー1位の実績あり。

詳しくはこちら