みなさん、突然ですが、iMovieで英語のナレーションを動画に入れる方法をご存じでしょうか?この方法を使えば無料でお手軽に、会社PR動画やプレゼンの動画に英語のナレーションをいれることが出来ます。

パソコンを使わずとも、スマホのみで撮影した画像や動画を編集することができるiOSアプリとしてすっかりメジャーになったiMovie。無料でなので編集機能は基本的な機能に限定されるとはいえ、上手く工夫する事でクオリティの高い動画を作成することができるのです。

現在、iMovieは販促やPR、社内教育用などのプロに外注するまでもないちょっとした動画を自分で作成するのにも大変便利です。

また、ファイナルカットプロと異なり無料で使えるというのがすごく良いですよね。

今回の記事ではそんなiMovieの色々な機能の中から「ナレーション」に注目し、iPhoneとiPadのみを使用する事で、追加機材やアプリ、ソフトなしで、無料でバイリンガル対応のナレーションを入れる裏ワザを紹介しちゃいますので、是非参考にして下さい。

もしかして、プロに頼まないとナレーションなんて……と思っている方もいるかと思いますが、少し工夫をすれば、ある程度のクオリティーのナレーターが無料で声を入れてくれる裏ワザがあります。

ぜひ、この記事で紹介する方法を使ってクールなナレーションをつけ、動画の品質をワンランク上のものにしてみませんか?

英語のナレーションを動画に入れるには

まず最初な動画を編集にあたって、基本的なエフェクトの「テロップ(字幕)」と「ナレーション(音声)」があげられます。

ただ単に動画だけを流すよりも、伝えたい情報を視覚・聴覚の両方から訴えかけ ることで、より効果的に情報を伝えることが出来ます。

しかし、現在のところ無料のiMovieでは、テロップを入れる機能はあまり充実していません。

「タイトル」という位置付けでのみしか文字列を追加することができず、フォントやカラーなども詳細設定できないうえ、好きな位置に挿入できないという仕様になっており、自由度がかなり低いです。

残念ながら、他のアプリやソフトで作成した画像を挿入するなど、工夫や手間をかけない限りは、思いどおりのテロップを入れることができなく、少しめんどくさい仕様となっています。

一方、ナレーション追加機能はというと、ほかのアプリなどに比べ、使い勝手がよく充実しているのです。

アップルのヘルプで、「オーディオを録音する」という項目で説明していますが、 iPhoneやiPadでも「マイク」のアイコンマークをタップすれば簡単に音声を録音し、プロジェクトに追加することができます。しかも、iPhoneやiPadはマイクが素晴らしく、雑音なども入りにくいです。

追加した録音音声は、動画内の好きな位置にドロップ動作のみで挿入箇所を変更することが出来、音量や再生速度の調整も素人でも簡単にすることが出来ます。そして、音声が最大3音声まで重ねることができる素晴らしい機能を搭載しています。あまり、使うことはありませんが(^_^;)

ところが、実際にご自身で試してみると、経験のない素人がマイクに向かってやってみたところで、まず希望通りのナレーションをつけることはできません。はっきりした発音や発声でクリアに、間違えずに流暢に朗読することは難しいのです。

プロのナレーターに依頼すれば良いのでしょうが、ちょっとした動画に対して、そこまでお金をかけたくないですよね。でも素人の自分たちの声じゃ、ちょっと。

そんなときはこれから紹介する裏技を試してみてください。

iPhoneの読み上げ機能を活用する

ここ最近、テキストを音声に変換し、読み上げてくれるアプリ、ソフトは進化を遂げています。無料でもある程度、滑らかな発声をしてくれるのです。

しかし、アプリを入れなくても、iOSの中に読み上げてくれる機能が備わっているのです。

そのやり方を説明します。

まず、「設定」-「一般」-「アクセシビリティ」-「スピーチ」から「画面の読み上げ」をONにするだけです。

それだけで、メモ帳等に書かれたテキストを発音してくれるのです。

そして、驚くべきことに日本語だけではなく、英語などの世界の様々な言語にも対応しているので、音声機能を使うことで外国語の文章を外国語のナレーションで読み上げさせて、動画に組み込むことが可能になります。

たとえば、英語を流暢にしゃべれるネイティブがいない、外注する時間やお金がないが英語で自社製品や会社を紹介するムービーを作りたい、などという時に便利です。

近年拡大するインバウンド需要にも対応した動画を作ることができ、外国人へ向けたPRにも役立つことでしょう。

設定から画面の読み上げをONにし、メモ帳などに適当な英語の文章を入力し、指を2本画面の上部に当て、そのまま下にスワイプさせれば、それだけでコントローラーが表示され、ナレーションが開始されます。

途中で一時停止することや読み上げ速度の調節などにも対応可能です。

しかし、この方法にも弱点があります。

それは、1台のiOSデバイスで読み上げた音声をそのままiMovieに録音することはできないので、録音のためにiP honeが2台必要となること。

読み上げ側iPhoneのスピーカーと録音側iPhoneのマイクを近づけてiMovieに録音しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、iMovie で英語のナレーションを付ける方法をご紹介を致しました。

より、お金をかけてでもプロのネイティブナレーターに依頼する場合は、是非GO-NATIVEへお問い合わせください。

 

交通機関、商業、観光施設、DVDをはじめ、ネイティヴナレーターがクリアな音質でナレーション致します。

内容はどんなものでも構いません。
英語の勉強に、または商品PR動画の演出に、なんでもOK。

特に訛りなどない女性の声です。

詳しくはこちら