芸能人でも最近は英語が得意な人が増えてきて、海外で活躍されている方も多いですよね!

海外で流暢な英語でインタビューを受けるシーンを見ることもあります。

そんな英語が得意な芸能人の英語力をネイティブがチェックしてみました。

今回ピックアップするのはGACKT(ガクト)さんです。GACKT(ガクト)さんといえば、日本語、英語、中国語、韓国語、フランス語(口説ける程度)の五カ国語が話せるマルチな才能を見せるザ、一流芸能人です。

語学の勉強方法は参考書を雑誌をめくるようにして勉強しているんだとか。

また、外国人の友人が、多いため自然と語学力がついて話せるようになったともテレビで発言されておりました。ある程度、誇張されている部分もあると思いますが、努力して習得したことを大っぴらにしないクールな姿勢は興味深いです。

余談ですが、Gacktさんの出身高校は滋賀県立守山高等学校(偏差値70)です。

早速、彼の英語で話している動画を見て、GACKT(ガクト)さんの英語がネイティブから見たらどのように聞こえるのかチェックして見たいと思います。

GACKT(ガクト)さんの英語力

GACKT(ガクト)さんの英語力を点数化しようと思いましたが、おそらくあらかじめ英語の文章が用意されており、それを覚えて英語を話されているので、彼の英語のボキャブラリーなどを評価出来ませんでした。

彼の英語の発音としては、声が低くて聞き取りにくいところがありましたが、少し日本語訛りの英語かなと言った印象を、受けました。

しかし、忙しい中で英語を習得し、他の言語も習得されているので、努力をされていて、地頭がいい方なんだなと思いました。

いかがだったでしょうか?

GACKT(ガクト)さんさんのように英語を流暢に話すには、とにかく練習しなければ上手くなりません。プロに英語を教わって効率よく、学びませんか?

滋賀県草津、栗東で英会話を習いたいなら、go-nativeへどうぞ。
経験豊富な講師が丁寧親切に教えます。
時間なども融通が利くので、忙しいサラリーマンや主婦の方にオススメです。
開催場所は草津、栗東近辺のカフェなどを利用します。

料金はなんとワンレッスン60分3000円ポッキリです。

詳しくはこちらのページへ