今回は、英語が苦手な人でも、二ヶ月半でTOEIC600を取れる勉強法をお伝えしたいと思います。

TOEIC600取れれば、履歴書に書いても恥ずかしくありませんし、周りからも英語が苦手な人だと思われることもありません。ただ、なんとなく勉強すれば取れる点数ではないので、正しい勉強法で取り組みましょう。

使うテキストはDUO3.0と公式問題集のみ

 

 

単語帳や、文法本といったものは必要ありません。また、リスニングに特化した本も必要ありません。必要なのは、使うテキストはDUO3.0と公式問題集のみです。

どちらもアマゾンで手に入れることが出来ます。

なぜこの2冊なのかというと、この2冊のみで単語、文法、リスニング、長文の勉強が一度に効率よく出来るからです。二ヶ月半という短い期間でスコアをググっと伸ばすには効率的に勉強するしかありません。単語の勉強、文法の勉強、リスニングの勉強、長文の勉強を別個に行う時間はありません。

DUO3.0を使った勉強法について

DUO3.0の文章を空で暗唱できるまで、ただひたすらCDを聞きつづけ、シャドーイングをするのみです。シャドーイングとは、聞こえてくる英語をそのまま口で発音する勉強法です。こうすることで、リスニング力がかなり上がります。

最初はうまく発音出来ないかもしれませんが、英語を喋るというよりかは、聞こえたまま発音するという意識でやれば上手くいくはずです。おおよそ2ヶ月くらいあれば、暗記できるはずです。

公式問題集を使った勉強法について

公式問題集を使った勉強法についてですが、まず問題部分と解説部分に分けます。そして、解説部分のみを自分のノートのように書き込んだり、マーカーをつけたりします。わからない単語や、引っかかりやすい問題に印をしたりしてください。リスニング部分はDUO3.0同様にシャドーイングを行います。できればリーディングパートも声を出しながら解くと、記憶に残りやすくなります。また、問題を解くときはかならず時間を意識して下さい。TOEIC800レベルの方でも時間は足りません。

まとめ

いかがだったでしょうか?是非、この勉強法を意識してTOEICにチャレンジしてみて下さい。それでは今日はこの辺で。

 

滋賀県草津、栗東で英会話を習いたいなら、go-nativeへどうぞ。
経験豊富な講師が丁寧親切に教えます。
時間なども融通が利くので、忙しいサラリーマンや主婦の方にオススメです。
開催場所は草津、栗東近辺のカフェなどを利用します。

料金はなんとワンレッスン60分3000円ポッキリです。

詳しくはこちらのページへ